風水で土地選び » 風水で気になる土地の位置まとめ » 四方をビルに囲まれている土地があるのですが…

四方をビルに囲まれている土地があるのですが…

四方を高層の建物に囲まれている土地

高い建物に囲まれた土地、風水の家づくり専門家の意見は「よくないですよ」

山根先生画像

山根先生のお話

高い建物に囲まれている土地はよくないですね。近所づきあいが悪くなる事が多いです。声は下から上に上がるので、騒音問題にもつながります。また、下は上からいつも見られているので、見下される傾向にあります。

だからといって、建て替えなどで周りより高くすればいいというものでもありません。避けるほうが良いでしょう。高い電柱や、塔が立っている場合も良くないです。

既にある土地でしたら、建物で回避できる可能性もあります。ご相談ください。

山根先生の無料風水セミナー
で土地について相談する

高いビルに囲まれた土地、風水では?

都市部の住宅地では、どこを向いても家が立ち並んでいるところがあります。最近ではタワーマンションのような背の高い建物が乱立し、このような建物に周囲を覆われているという土地も点在するようになりました。

こうした土地は日当りや風通しが悪いことが容易に想像つくでしょうし、健康にも大きな影響を与えるでしょう。

風水でも指摘しています。両脇に高い建物がある土地のことを、風水では「天斬殺(てんざんさつ)」といいます。「斬」は「切(る)」といわれるように、天(頭上)から刀を振り下ろして切るような土地という意味があります。

また、四方を高い建物に囲まれている土地のことを、風水では「四害殺(しがいさつ)」といいます。日当り・風通しが悪いことはもちろん、よい気も入りづらく運気が上がらないといわれます。

いずれにしても、こうした土地に住むと気持ち的にも沈みがちとなり、「積極さに欠けるようになる」「孤立しやすい」とされます。まさに四面楚歌。健康運もよくないでしょう。

太陽の光が届きにくい土地は避ける

風水でよいとされる土地の考えに「四神相応の地」という言葉があります。このなかで「北は山など高いもの、南は広く開けた土地がある」という条件が、風水的には最高の土地なのです。

これは太陽の動きとも関係しており、南の土地が開けていれば日中を通して家のなかが明るく過ごせ、健康運にも恵まれるとも捉えられます。また、東は日が昇る方位であることから、太陽の持つパワーを得やすいとされます。

この考えから、北側に高いビルがあれば悪い気の影響は少ないかもしれません。もっとも、四方をビルに囲まれている土地の場合だと、どの方位からも太陽の光を受けにくいため、おすすめできない土地といえます。

また、二方向や三方向に高い建物がある場合でも、土地から見て東と南にあれば凶相です。

ビル風が災いをもたらすことも

タワーマンションなど高い建物が、近くに1棟だけある場合でも注意が必要です。

高い建物は、風の流れにも少なからず影響を与えます。俗にいう「ビル風」です。こうした風が災いをもたらすことを、風水では「風殺(ふうさつ)」といい、1棟だけ高い建物がある土地のことを「露足殺(ろそくさつ)」または「露風殺(ろふうさつ)」といいます。

高い山の頂に家を建てるのと同じで、強い風にさらされている土地は不安定な状況です。このことから精神的にも情緒不安定で病みやすく、神経系の病にかかりやすいといわれます。

たとえ高い建物が1棟でも、強いビル風をもたらすような場所であれば避けたほうが無難でしょう。

高圧鉄塔は電磁波の影響に注意

高い建物は、マンションやビルだけではありません。高圧鉄塔も、風水の観点からみると問題です。

その形状から「尖ったもの」「角があるもの」は危険として、風水では嫌われるものです。こうしたところの近くに住むと、いらいらして落ち着かなくなるとされています。

また、電磁波の影響を受けやすいことから、健康面への影響も心配です。海外では、高圧鉄塔や変電所などに近接している電磁波の影響を受けやすいところに住むと、白血病のリスクが高くなるという研究結果も報告されています。

昔は高圧鉄塔のような建造物は、周囲に何もないところに建てられていましたが、急速な都市化によって住宅街のなかに建っているケースもよく見かけます。近くに好条件の土地が売り出されていても、購入しないほうがよいでしょう。

高い建物が近い土地の対処

高い建物が近くにあると、よい気がなかなか入ってきませんし、逆に悪い気がたまることもあります。こうした悪い気を採り入れないために、八卦鏡をかけるという方法があります。鏡が悪い気を反射させるので、検討したいところです。

また、高圧鉄塔や変電所などの近くなら、窓から見えないようにカーテンを閉める、家具や観葉植物などで見えなくするのも一手。電磁波の影響が気になる方は、市販の電磁波シールドグッズを用いて対策を講じるとよいでしょう。

土地探しの「困った!」が解決する風水セミナー

土地探し、家づくりに風水のロジックを採り入れた「家づくり塾」を、千葉県君津市の住宅展示場「もくもく村」で開催しています。

もくもく村には、健康に配慮した無添加住宅やログハウスなどの健康住宅も展示。風水の第一人者である山根維随氏のセミナーも好評です。

風水と家づくりの悩みがある方、相談したい方は、一度ぜひ参加みてはいかがでしょうか。

監修紹介

NPO法人「幸せな家づくりの研究会」理事長 山根 維随

「家族を守る家」のつくり方をお教えします

山根先生画像

もくもく村創始者
NPO法人「幸せな家づくりの研究会」
理事長 山根 維随

自身のシックビル症候群の経験から、住まいと健康との関係に興味を抱き、住宅事業に参入。化学物質による健康被害のリスクが少ない、自然素材の無添加住宅を提案しています。実体験で感じた、「家族が幸せに暮らすには、風水を取り入れることも大切」という考えのもと、風水の観点から見た土地の鑑定を含めた、「良い土地」探しから請け負い、「家族が幸せになれる家」のプランニングまで総合プロデュースしています。

山根氏が講師の家づくりセミナーは、風水だけではなく、素材の話から住宅ローンの話までの充実した内容を無料で聴講できる人気のセミナーです。

山根先生の風水セミナー情報を
公式サイトで見る

風水セミナーについて問い合わせる

運営者情報

もくもく村(株式会社アンジコア)

もくもく村サイト画像
引用元HP:もくもく村公式サイト
https://www.mokumoku-mura.com/

株式会社アンジコアは、健康で幸せな家族のための家には風水も重要であると、風水を用いて設計した家づくりをしています。そのアンジコアが運営する「もくもく村」は、「健康で幸せな家族の在り方、暮し方・住まい方」を提案したいという想いから設立された、健康住宅に特化した住宅展示場です。場内には、天然素材のみを使用した、風水設計の無添加住宅など6棟を展示。漆喰や無垢、その他の自然素材が持つ心地良さを体感できます。

風水の理論を取り入れた住まいも、こちらの展示場で体感できます。

モデルルームのほか、子どもたちが自然のなかで遊べるアスレチックや遊歩道、園内で採れた野菜を使ったレストランなども完備し、週末を中心に多くの方が訪れています。

もくもく村住宅展示場情報を
公式サイトで見る

監修紹介
山根先生画像

NPO法人「幸せな家づくりの研究会」
理事長 山根 維随

自身の経験から、先人の知恵を取り入れた風水をもとに「家族の健康を守る家」を土地探しから設計に至るまでアドバイスを行う。

運営者情報
もくもく村サイト画像

株式会社アンジコアは、健康で幸せな家族のための家には風水も重要であると、風水を用いて設計した家づくりをしています。そして、健康で幸せな家族の在り方、暮し方・住まい方を提案するために「もくもく村」を開設しました。場内には、漆喰や無垢など天然素材のみを使用した風水設計の無添加住宅など6棟を展示しています。