風水で土地選び » 風水で気になる土地の形まとめ » 張りや欠けは土地でも問題がありますか?

張りや欠けは土地でも問題がありますか?

張り欠けのある土地イメージ

風水の家づくり専門家・山根先生は「張り欠けの土地は一概に判断できない」

山根先生画像

山根先生のお話

風水では、矩形(長方形や正方形などの四角形)の形状の土地を吉相としています。

一般的に、張りは吉相、欠けは凶相といいますが、土地においては違いますし、方角や環境によっても風水は変わってきます。

そもそも土地に張り欠けがあると、実際に利用できない部分が存在することになり、安いと思っていた土地も結果、割高になる事もよくあります。しかし、気になる土地が既にあるのでしたら、建物で回避できる可能性もあります。ご相談ください。

山根先生の無料風水セミナー
で土地について相談する

土地の張り・欠けとは

土地の形は長方形や正方形などの四角がベストですが、一部が出っ張っていたり凹んでいたりする土地もあります。

この出っ張っている部分のことを「張り」、凹んでいる部分のことを「欠け」といいます。

古くから人が住んでいる土地などでは、隣地との境界線をあいまいにしていたことや、地域のゴミ集積所として使われるなど、張りや欠けの土地は意外と多くみられます。

特に隣地との境界があいまいな場合、後々トラブルになることも考えられます。

張り・欠けにおける風水のルール

大きく出っ張っている部分は小さな欠けと同じですし、逆に大きく欠けているところは小さな張りでもあります。

そこで、風水や家相では、張りと欠けを区別するルールを設けています。

  • 張り:出っ張っている部分が、建物の一辺の長さの3分の1以内の土地
  • 欠け:凹んでいる部分が、建物の一辺の長さの3分の2以内の土地

まずはこのルールを覚えておきましょう。

一般的な風水からみた張り・欠けのある土地は?

家相の場合、張りは吉相、欠けは凶相と捉えられます。建物に欠けの部分があると、構造的にも安定しませんし、建築コストも高くなりがちです。

これは土地(風水)においても同じで、張りは吉相、欠けは凶相というのが原則です。

ただし、全体のバランスを大切するのが風水。吉相とはいえL字状の土地や、小さな張りがいくつもあるような凸凹な土地だと、角が立ってバランスが悪く、よい土地とはいえません。

張りと方位の関係について

風水では、方位も大きく関係します。日々の生活に作用する気の流れは、東西南北に加え東南、南西、東北、北西の8方向から伝わり、それぞれに意味があります。

方位によっては凶相もあることから、張りがあっても吉相にならないこともあるのです。

北の張り 仕事運と愛情運を高める方位。出世の期待や金運がよくなる。子孫の安泰も。
北東の張り 鬼門。家族の病気が絶えず、注意すべき方位。
東の張り 太陽が昇る方角で、パワーの源となる方位。特に子どもの健やかな成長が期待できる。
南東の張り 商売繁盛の方位。才能を認めてほしい、キレイになりたいといった願いを叶えることも。
南の張り 人間関係を左右する方位。ただし、社会的信用をなくしやすいとも。
南西の張り 裏鬼門。後家の相があり、主を早く亡くし未亡人になるとも。
西の張り 実りの方位。子宝に恵まれたい、金運をアップしたいといった願いに有効。
北西の張り 財運が良くなる方位。特に男性は出世が期待できる。夫婦円満も。

一般的な欠けと方位の関係について

欠けは張りの反対のことが起こるともいわれますが、風水ではどの方位においても、欠けは凶相です。
欠けがあると気の通りが悪くなります。風通しにあてはめると、通気性が悪くジメジメと湿気がこもりやすい土地ともいえ、家を傷めやすいともいえます。

北の欠け 健康運が悪くなり、大病のおそれも。子宝にも恵まれず、子孫の衰退の方位。
北東の欠け 運気が乱れ情緒不安定に。家族間のトラブルが絶えず、離婚や相続トラブルも。
東の欠け 特に男性に影響を与える方位。仕事の失敗や女性問題が絶えないとも。
南東の欠け 人間関係や仕事が上手くいかず、社会的信用を失うことも。
南の欠け 判断力や直観力が低下し、仕事にも影響が。女性はケガや事故が多くなる。
南西の欠け 家庭運に影響する方位。女性は大病の相も。
西の欠け 金運がダウンし、金銭トラブルに巻き込まれたり、財産を失うリスクも。
北西の欠け 家長が影響を受ける方位。目上からの評価が悪くなり、出世や社会的な信用を失いやすい。

凶相の張り・欠けのある土地の対処法は?

吉相となる張りであれば問題ないですが、凶相の張りや欠けの場合は、隣地に譲るなど土地を矩形(長方形や正方形などの四角形)に補正をするのも一手。とはいえ、不動産会社が所有する土地ならともかく、一般の方で張りや欠けの売買をするのは至難です。

張り・欠けの部分はデッドスペースとなりがちですから、植物や低木の樹木を植えるなどして活用するのがよいでしょう。

悩んだら風水の専門家に相談しよう!

できれば、張り・欠けのある土地は選ばないということにつきます。しかし、相続などどうしても土地を手放せない理由があるときは、風水の専門家に相談するとよいでしょう。

凶相の張りや欠けがあるとき、どう対処をすればよいか、不動産購入のポイントを含め、きっとアドバイスをしてくれることでしょう。

不動産は一生に一度の高い買い物です。気になることはクリアにして、家族が健康に暮らせる土地を購入したいものですね。

風水と土地の関係がわかる「風水セミナー」

住宅展示場「もくもく村(千葉県君津市)」では、風水の理論を取り入れた家づくりに注力しているNPO法人です。

ここでは、風水的に優良な土地の提案から、健康に配慮した無添加住宅のすすめなど、さまざまなセミナーが開催されています。

風水についての相談にものってくれますので、興味のある方は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

監修紹介

NPO法人「幸せな家づくりの研究会」理事長 山根 維随

「家族を守る家」のつくり方をお教えします

山根先生画像

もくもく村創始者
NPO法人「幸せな家づくりの研究会」
理事長 山根 維随

自身のシックビル症候群の経験から、住まいと健康との関係に興味を抱き、住宅事業に参入。化学物質による健康被害のリスクが少ない、自然素材の無添加住宅を提案しています。実体験で感じた、「家族が幸せに暮らすには、風水を取り入れることも大切」という考えのもと、風水の観点から見た土地の鑑定を含めた、「良い土地」探しから請け負い、「家族が幸せになれる家」のプランニングまで総合プロデュースしています。

山根氏が講師の家づくりセミナーは、風水だけではなく、素材の話から住宅ローンの話までの充実した内容を無料で聴講できる人気のセミナーです。

山根先生の風水セミナー情報を
公式サイトで見る

風水セミナーについて問い合わせる

運営者情報

もくもく村(株式会社アンジコア)

もくもく村サイト画像
引用元HP:もくもく村公式サイト
https://www.mokumoku-mura.com/

株式会社アンジコアは、健康で幸せな家族のための家には風水も重要であると、風水を用いて設計した家づくりをしています。そのアンジコアが運営する「もくもく村」は、「健康で幸せな家族の在り方、暮し方・住まい方」を提案したいという想いから設立された、健康住宅に特化した住宅展示場です。場内には、天然素材のみを使用した、風水設計の無添加住宅など6棟を展示。漆喰や無垢、その他の自然素材が持つ心地良さを体感できます。

風水の理論を取り入れた住まいも、こちらの展示場で体感できます。

モデルルームのほか、子どもたちが自然のなかで遊べるアスレチックや遊歩道、園内で採れた野菜を使ったレストランなども完備し、週末を中心に多くの方が訪れています。

もくもく村住宅展示場情報を
公式サイトで見る

監修紹介
山根先生画像

NPO法人「幸せな家づくりの研究会」
理事長 山根 維随

自身の経験から、先人の知恵を取り入れた風水をもとに「家族の健康を守る家」を土地探しから設計に至るまでアドバイスを行う。

運営者情報
もくもく村サイト画像

株式会社アンジコアは、健康で幸せな家族のための家には風水も重要であると、風水を用いて設計した家づくりをしています。そして、健康で幸せな家族の在り方、暮し方・住まい方を提案するために「もくもく村」を開設しました。場内には、漆喰や無垢など天然素材のみを使用した風水設計の無添加住宅など6棟を展示しています。